2005年08月15日

帰京

帰京しました。
草津はやっぱり日本の誇る温泉だと再認識。

今まで群馬は関東の農場と思っていましたが、
今後は関東の湯治場として理解しておきたいと思います。

話は変わりますが、60回目の敗戦記念日ですね。考えてみたら靖国神社に行ったことが無いので、参拝を計画していましたが、
あいにくの夕立です。

ABCD包囲網の中、最終的に戦争という決定を下さざるを得なかったのは、
我が国の不幸であり外交力不足であったことは否めません。
戦争中非人道的な行為を行ったのは、過去の教育の過ちであり、
旧軍執行部の過失であると思います。
この点を私たちは理解し、他国に対し常に過去の謝罪の行為に対する念を忘れることはならないと考えます。

よって、戦地に赴いた人や、戦死した人たちのみに罪があるわけでは無く
過去の戦争があり、そこで敗戦した結果現在の自分たちの生活があることも確かであると思います。

だからこそ、過去の過ちの結果犠牲となった人たちに弔意を示し、
戦争という不幸な手段をとらざるを得なかった過去の歴史を再確認し、
同じ徹を踏むことが無いよう、この国の行く末を舵取りしていかなければならないと思います。

だから、参拝してみようかと思ったんですが・・・別の日にしましょうか。

我が国の外交が自分から見て二流のまま(外務省の人ごめんなさいっ)なのも、
独自性を打ち出した瞬間、同じ徹を踏みかねないという危機感があるからなのでしょうか。

日本が本土決戦を行ったらどうなったかについて、
面白い仮定をしている五分後の世界という本があります。
ぇー村上龍?という方も居るとは思いますが。
個人的にはおすすめです。

ところで、我が国の歴史認識が云々といった話がよく大陸で起こりますが、
個人的にはあちこちの国の歴史認識というものに興味がありますね。
一国の教科書ではやっぱり偏ってますので。
大陸や欧米の中学生くらいの教科書の邦訳ってないのかなぁ・・・読んでみたいです。
posted by 柚杏 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16671512
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ